Musubi bag

■デザインコンセプト
カジュアルになりすぎず、A4サイズのノートや書類たちもきちんと入るバッグについて考えました。

そこで、バッグの片サイドに編んだスエードの紐をつけました。この紐をつけることで、2通りの使い道ができました。 普段は、トートバッグとして使え、着物やちょっとドレスアップした装いの時には、紐でぐっると巻いて結び、巾着(キンチャク)として。紐の先についたカギ編みのぼんぼりが可愛く揺れます。

きものや帯の生地巾をそのまま生かしているので、サイズはひとつずつ、少しずつ違っています。

また、バッグの裏地には、きもの地やイタリア、北欧など様々な生地と組み合わせました。柄や色のコントラストもお楽しみくださいね。

■サイズ:
<本体 > H 37cm x W 32cm x D 4cm
<持ち手> 巾1.7cm
■表地: 絹の帯。赤とピンクの縦縞に、スーと繊細な金糸で横縞が織られています。
■裏地: 深緑にお花の小紋柄の着物地です。

型番 10020
定価 9,799円(税725円)
販売価格 9,799円(税725円)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT

About the owner

松下 純子

Wrap Around R.のデザイナー。 1974年、横浜生まれ、神戸育ち。 文学部を卒業後、アパレル会社勤務。 2005年にWrap Around R.(ラップアラウンドローブ)を立ち上げ、「着物の反物の幅を生かして、今の暮らしに合った服作り」をコンセプトに製作する。 現在、築80年になる町家を再生したギャラリー兼ショップ、Rojiroomをアトリエとしている。

Top